読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熊谷組與瀬作業所の就労顛末報告書(8)

(五)輸送状況 供出側職員ハ真摯誠実ヲ旨トシ輸送ニ当リ受入側職員ニ注意ヲ與ヘ希望ヲ述ベ絶エズ医薬ノ心配食事ノ世話等華労ノ一人一人我ガ子ノ如ク世話ヲナス。又受入側職員ハ勿論附添指導員ヲ補助シ華労ニ対シテハ公平ニ接シ、労工指導員ノ言ヲ俟ツマデモナク進ンデ華労ノ世話ヲ為ス。

船長ノ取扱懇切妥当ニシテ華労炊事ノ面倒ヲ船ノ賄厨●命ジ之ヲ手伝ハシムル外、大便小便ノ不便ヲ認メ適当ナル位置ニ移動セシメ●具●貸與サルヽ等相当考慮ヲ払ハレタリ。

華労ハ船首、船尾ノ各船艙内ニ安平、布団ヲ敷キ起居ス。

就寝外ハ艙外甲板ノ歩行自由ニシテ海上・・・・・・歌ヲ唱フガ海原ヲ渡ル長閑ナル情景ヲ●●セリ。

下関入港後風雨ノタメ下船遅延シ死亡者三名並ニ・・・・(他の個所から「検疫所ニ」と推測される)於テ一名死亡セリ。平穏ナル航海ト雖モ華労ノ身ニテハ初メテノ事故極度ノ疲労に據ルモノト思考ス。