読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもの貧困対策に関するアンケート結果(3)

C. 【子育て短期支援事業(トワイライトステイ)について】
1. 児童福祉法第6条の3第3項に規定する子育て短期支援事業における夜間養護等(トワイライトステイ)事業の実施状況
実施している    0市町村
実施していない  37市町村
2. 未実施市町村における今後の実施計画
具体的な実施計画がある 1市町村
具体的な実施計画はない  36市町村
3.未実施市町村のうち実施計画のある市町村における計画の内容
① 具体的な計画内容
与那原町) ・平成28年10月より1施設で実施予定
②計画実施に向けての課題
与那原町) ・専用の施設がない。有料老人ホーム施設の一部を利用していく予定
4. 未実施市町村のうち今後の実施計画のない市町村における状況
①実施計画はないが、計画に向けて検討中    4市町村
②他施策にて対応している(または対応予定)  7市町村
③実施の必要がない             13市町村
④その他                  12市町村
※ 上記①~④の回答について具体的な理由
①実施計画はないが、計画に向けて検討中
浦添市) ・実施の要望があるが、予算、人員確保の問題があり、具体的な計画には至っていない
金武町) ・具体的案はないが、今後に向け検討討していきたい。当町の人口規模でどれくらい需要があるのか調査もしていきたい
伊江村) ・離島の限られた中でそれぞれの施設を設置するのは難しく、統括的な施設が良いのではという意見もあり、今ある施設を有効的に利用できるのか、人材の確保はどうするのか等計画に向けて検討しているところである
南風原町)・養育に支援が必要(相対的貧困)と判断した世帯に対しては、子供の居場所としての支援で夜間(22時まで)対応している。ただし、宿泊はなし
②他施策にて対応(または対応予定)の内容
沖縄市) ・現在夜間の児童預かりは、他施策(短期支援事業)で対応している
大宜味村)・北部9町村広域で一時預かり等を実施している(やんばる町村ファミリーサポートセンター
・今後はニーズに応じて事業実施を検討していく
今帰仁村) ・やんばる町村ファミリーサポートセンター子育て支援事業)で対応を継続的に行っていく
本部町) ・ショートステイ同様、ファミリーサポート等のサービスにおいて対応中
北谷町) ・養育支援訪問事業にて対応(宿泊制度あり)
北中城村)・ファミリーサポートにて対応している
③実施の必要がない
糸満市) ・ニーズが把握できていない
南城市) ・現在本市においてニーズがない
恩納村) ・人口が少なく、要望もなく、必要性がない
渡嘉敷村) ・対象者がいない
座間味村) ・対象者がいない。需要がない
南大東村) ・ニーズがない
久米島町) ・子ども、子育て支援事業調査の結果、利用ニーズがない
④その他
那覇市) ・現在のところ計画はないが、母子生活支援センターさくらで展開しているモデル事業などの状況を踏まえて今後検討していきたいと考えている
石垣市) ・現在のところ、ニーズがあまり無い(市民からの問い合わせがない)
名護市) ・実施可能な施設がない
豊見城市) ・県の施設で対応している。必要ないとは感じていないが、予算の措置もないため、現在は計画していない
うるま市) ・県の施設を活用し、必要な保護を行っている
国頭村) ・ファミリーサポートセンターで対応
中城村) ・今後検討し、必要があれば計画する
読谷村) ・実施できる施設の課題もあり、村単独での実施が困難である
嘉手納町)・広域的複数の市町村で設置を検討したほうがよい
西原町) ・夜間養育等事業のニーズを把握し、実施するためには係間の協力や連携等を密に行っていく必要がある
・本町には現時点でこれを専属的に行っていく体制がない
渡名喜村) ・場所、人材等の確保が困難
伊是名村) ・家族・地域の助け合い
八重瀬町) ・町の体制づくりがまだ出来ていない
竹富町) ・利用者(人口)が少なく重要性がない。
・町が各島々構成されているためどの島ヘ設置するかという問題があるため
困難