「戦後遺留問題」をめぐる中国の動き(5)

6月13日の新華網日本語版によれば、海南省文昌市東閣鎮鰲頭村で日本軍による村民70人余りが虐殺され、生き残った村民5人がこのほど日本に対して戦争賠償訴訟を起こし、日本政府に賠償と謝罪を求めることを決めたといいます。